スポンサーリンク

ヤクルト2020!バレンティン流出!山田哲人ラストイヤーの可能性もある今季の開幕スタメンは?

東京ヤクルトスワローズ
スポンサーリンク

本日は東京ヤクルトスワローズの2020年開幕スタメン予想です

2019年シーズンは、高卒2年目の村上宗隆が36本塁打を記録し、新人王を獲得するも、投打がなかなか噛み合わず、最下位でフィニッシュ。

そのオフには、長年ヤクルトの主砲として4番に座っていたバレンティンが福岡ソフトバンクホークスに移籍。
打撃面での破壊力が懸念される2020年の開幕スタメンはどうなるのか?予想していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ヤクルト2020!バレンティン流出!山田哲人ラストイヤーの可能性もある今季の開幕スタメンは?

東京ヤクルトスワローズの開幕スタメン予想!

引用:東京ヤクルトスワローズ

早速ですが、2020年の東京ヤクルトスワローズの開幕スタメン予想をしていきます。

1 一 坂口 智隆
2 中 青木 宣親
3 二 山田 哲人
4 三 村上 宗隆
5 右 雄平
6 遊 アルシデス・エスコバー
7 左 山崎晃大朗
8 捕 中村 悠平
9 投 石川 雅規

色々な野球ブログでも東京ヤクルトスワローズの開幕スタメン予想を行っていますが、みなさんバラバラでした。
唯一共通していた部分としては「2番・センター・青木宣親」「3番・セカンド・山田哲人」という部分のみではないでしょうか。

バレンティンに代わるチームの大砲として、昨年以上に期待のかかる村上宗隆も、大半が4番で予想していますが、やはりその前後を打つバッターが重要だとしています。

そして悩みに悩んだのが、1番バッター。
山崎晃大朗と悩みましたが、怪我からの再起を図る、実績十分な坂口智隆を予想。

1番バッターはキャンプの仕上がりやオープン戦の結果次第では、変わる可能性が大きくあるため、注目して見たいと思います。

昨年の活躍によりマークが厳しくなる村上宗隆。

引用:週刊ベースボールONLINE

昨年36本塁打を放った村上宗隆も、今年も同様な成績が残せるかどうか、微妙なところ。

昨年は、ある意味「打たせてあげる」というような場面も見られました。それは村上宗隆以外に、バレンティン、山田哲人といった、村上宗隆の他にも厳しくマークしなければならない選手がいたからです。

しかし、他球団のチームも、1年間村上宗隆と対戦して、得意不得意が把握出来たでしょうから、今年は一段とマークが厳しくなるはずです。

村上宗隆は昨年、打者有利とも言える神宮球場で36本塁打を放つものの、打率は.230台と低迷しました。
この確実性にやや欠ける打撃が今年も続くようであれば、勝負を避けるような際どいボール球で誘われるケースが多くなると予想されます。

他球団は、村上宗隆がこの誘いに乗らず、フォアボールで出塁させたとしても、その後を打つバッター勝負でヤクルト打線を抑えられると踏んでいるはずです。

村上宗隆は、このボール球での誘いを我慢して、好球必打で確実に捉えることが出来たら、村上宗隆は今年も脅威な存在となるはずです。

さらに、昨シーズンは失策の多さから断念したサードのポジションに再挑戦すると高津臣吾新監督か明言しています。
昨シーズン主に守ったファーストよりも守備の負担がかかるため、打撃面に悪影響を及ぼす可能性は十分にあります。

村上宗隆は「我慢と成長の年」になるでしょう。

ちなみにキャンプも中盤に差し掛かった2月中旬には、下半身の不調を訴え、現在はスロー調整中とのことです。

活躍云々の前に、その状態が心配です。果たして開幕までに調整出来るのでしょうか。。。

山田哲人は勝負してもらえるか?

引用:週刊ベースボールONLINE

村上宗隆の前を打つ山田哲人ですが、今年はこれまでよりもやや負担が大きくなることが予想されます。

その負担は、後に打つ村上宗隆次第。
この村上宗隆の確実性が上がってくるようであれば、山田哲人と勝負せざるを得ない状況を作れます。

しかし、村上宗隆の「攻めどころ」を他球団が把握しきっている状況ともなれば、山田哲人と無理に勝負はしないでしょう。

山田哲人の活躍は、村上宗隆の成長次第となるかもしれません。

昨季は打率も3割を切った山田哲人。やや確実性に不安の残る結果となっただけに、その状態が今季はどうなっているか。ここも心配ですね。

バレンティンの穴を埋めるには、やや役不足な新外国人・エスコバー。

引用:SPAIA

9年もの間、ヤクルトの主砲として活躍したバレンティンの移籍。
シーズン最多本塁打の記録をはじめ、9年間で288本もの本塁打を放った大砲の移籍は、大きな得点力の減少となると予想します。

そして、そのバレンティンと入れ替わりのような形で入団した新外国人がアルシデス・エスコバー。

ヤクルト 新外国人 アルシデス・エスコバー(Alcides Escobar)選手 打撃、走塁、守備動画まとめ

メジャーリーグでは、何年もショートのポジションでレギュラーとして活躍した大物選手です。
なんとこのエスコバー、2014年、2016年、2017年と3回ゴールドグラブ賞を受賞した守備の名手なのです。

「守備の名手」。やはりバレンティンの穴は埋められそうにないかな、という印象です。

メジャーリーグでは通算41本塁打を放っているものの、これは実働11年での数字。
シーズン換算では平均4本にも満たない数字ですから、ホームランが期待できるバッターではないようです。

では、打率はどうか。率が残せるなら、上位打線での起用も有り得るかと思いますが、メジャーリーグでの自身最高打率は、2012年にマークした.293。

可もなく不可もなくといったところですが、如何せんもう8年も前の数字です。

メジャーリーグ時代には「平均より下の打者」という評価であったようですから、打撃にはあまり期待できない、というところが正直な印象かと思います。

なので、エスコバーには下位打線に座ってもらい、日本野球に順応しながら、意外性のある打撃に期待する、という形が良いのではないでしょうか。

開幕投手はベテラン石川雅規か

引用:週刊ベースボールONLINE

ヤクルトのもうひとつの課題としては、先発投手の駒の少なさが挙げられます。

近年エース格として活躍している、ライアンこと小川泰弘は2019年に大きく負け越し。
若い力として期待されていた原樹理もイマイチ台頭せず。

開幕投手の座は、再起を期待する小川泰弘と、ベテランながらも活躍を続ける石川雅規の一騎打ちかと予想します。

開幕戦の相手が阪神タイガースということもあり、阪神タイガースに好相性な石川雅規をあえて開幕投手として予想をします。

開幕投手も有り得た奥川恭伸は怪我で出遅れ

引用:日刊ゲンダイDIGITAL

高卒ルーキーながらその完成度の高さで、開幕投手の座も有り得るかと思われたドラ1ルーキー・奥川恭伸。
しかし、キャンプ前に右肘の張りを訴え、キャンプ序盤はノースロー調整が続いています。

キャンプ中にはブルペンに入れると本人は話しているものの、この出遅れから開幕投手を無理に任せるようなことはしないと予想されます。

けが人が立て続くヤクルトには「ヤ戦病院」との蔑称が付いていますが、この奥川恭伸もキャンプ前に怪我で離脱し「立派なヤクルトの選手」「もう1人前だ」などとヤクルトファンからの自虐的な声も聞こえています。

2020年は、高津臣吾新監督の就任1年目。
ヤクルトの強い頃を知る高津臣吾新監督の手腕で、最下位からの脱却に期待したいですね。

高津臣吾監督による来季スローガン&所信表明

新着記事はこちら

元山飛優(ヤクルト)は在日韓国人?ドラフト時の評価や守備,東北福祉大時代の成績について
五十幡亮汰(日ハム)はサニブラウンに陸上で勝利した俊足!100mのタイムやドラフト時の評価について
杉本裕太郎(オリックス)がラオウと呼ばれる由来は?成績や年俸,イチローとの関係は?
中野拓夢(阪神)の守備を井端が絶賛!ここまでの成績や打撃センス,バッティングについても紹介
高松渡(中日)は荒木2世になれるか!これまでの成績や50mのタイム,走塁技術について

コメント

タイトルとURLをコピーしました