スポンサーリンク

巨人2020!セ・リーグ連覇を狙う初陣!開幕スタメンはどうなる?

読売ジャイアンツ
スポンサーリンク

リーグ連覇を狙う巨人。

傲慢な補強のイメージが先行していますが、それは今では過去の話。

新戦力だけではなく、若手の台頭も著しく、チームバランスとしては非常に良い状態を保っています。

それでも巨人ファンとしては「ここのポジションが弱い」や「ここを補強したい」という思いもあるでしょうが…。そこはグッと我慢。2020年も現有戦力で十分にリーグ連覇を期待できるチームに仕上がっています。

そんな巨人ですが、どんな初陣を飾るのでしょうか。その開幕スタメン予想を行なっていきたいと思います。

スポンサーリンク

巨人2020!セ・リーグ連覇を狙う初陣!開幕スタメンはどうなる?

読売ジャイアンツの2020年開幕スタメン予想!

引用:鹿児島讀賣テレビ

早速ですが、2020年の読売ジャイアンツ(巨人)の開幕スタメン予想をしていきたいと思います。

1 二 吉川 尚輝
2 遊 坂本 勇人
3 中 丸 佳浩
4 三 岡本 和真
5 左 ヘラルド・パーラ
6 右 亀井 善行
7 一 大城 卓三
8 捕 小林 誠司
9 投 菅野 智之

2019年の打線の象徴でもあった2番、3番の「サカマル」コンビは2020年も健在。2番を打つ坂本勇人は史上最年少での2,000本安打の記録がかかっていましたが、新型コロナウイルスの影響によるプロ野球開幕延期で、その達成は絶望的となりました。

それでも坂本勇人の調子は依然好調をキープ。続く3番を打つ丸佳浩も移籍2年目となり、さらなる活躍が期待されます。

クリーンアップは、4番の岡本和真は固定。ここは盤石といっても良いでしょう。続く5番の顔ぶれが変わっていることが2020年の新しい部分かもしれません。

2019年までは阿部慎之助やゲレーロといった選手が5番に座っていましたが、阿部慎之助は2019年限りで引退し、2020年から2軍監督に就任。ゲレーロは成績が今ひとつということと高年俸がネックとなり、2019年限りで退団をしました。

空席となった5番には、新外国人、ヘラルド・パーラが有力視されています。

その他ベテランの域に差し掛かった亀井善行は2020年も好調をキープ。大城卓三などの若手の台頭にも期待したい打線となっており、非常にバランスのとれた打線になっています。

 

新戦力のメジャーリーガー・パーラ。その実力はいかに

引用:BB NEWS

2020年の新戦力で目玉となっているのが、現役メジャーリーガーとの触れ込みで巨人へ移籍をしてきたヘラルド・パーラ。

年齢こそ32歳とややピークを過ぎた年齢ではあるものの、2019年シーズンはMLB2球団で計119試合に出場。打率.234、9本塁打にとどまるものの、2009年からレギュラー格として100試合以上に出場。打率も安定して3割前後を記録し、10本塁打前後と中距離ヒッターとして活躍をしていました。

またゴールドグラブ賞を2011年と2013年に獲得しており、守備の上手さにも定評のある選手です。

メジャーリーグでは自身の登場曲に童謡「Baby Shark」を使用。その曲に合わせて、観客が手を上下に広げ合わせる(Shark=サメの口に見立てている)パフォーマンスはヘラルド・パーラの代名詞ともなっています。

実際のシーンがこちら。

Nationals Gerardo Parra Baby Shark walk-up – NLCS Game 4

余談ですが、この光景は実は2019年から日本のプロ野球でもみられていました。

実は埼玉西武ライオンズの森友哉が同じ「Baby Shark」を登場曲に使用。

森友哉 登場曲 Baby Shark (2019.10.13)

ビジター側の登場曲が流れることはありませんが、森友哉とパーラの「日米Baby Shark共演」がみてみたかったところ。2020年は新型コロナウイルスの影響で交流戦が中止となってしまったため、早ければ2020年の日本シリーズ、2021年の交流戦ではこの光景がみられるかもしれません。

さて、パーラに期待される部分ですが、開幕のスタメン予想では5番に予想しています。

これは、キャンプやオープン戦などの実戦での起用をもとに予想したものですが、これまでのメジャーでのパーラの活躍をみると、決して中軸を任せられるほどの突出した打撃成績ではありません。

5番というと、長打も打てて打点も稼げる選手が望ましいのですが、前述の通り、本塁打は10本前後。キャリアハイでも14本塁打という成績に留まっています。

打点もキャリアハイで71打点。これもクリーンアップを任せられるほどの成績ではありません。

日本の野球、そして東京ドームなど狭い球場でのプレーが多くなるセ・リーグでは、この数字よりも多くなる可能性は十分にありますが、メジャーリーグ時代とは明らかに役割が違うことを求められることで本来のパーラの姿でいられるかどうかは非常に疑問視される状況です。

気になるオープン戦の結果については、打率.233、0本塁打、3打点という成績。

日本のプロ野球に順応している状況とは言え、イマイチ印象に残る成績を残せていないまま開幕を迎えることになりそうです。

外野手でいうと、陽岱鋼や、育成登録からキャンプ・オープン戦で猛アピールを続け、支配下登録を勝ち取ったイスラエル・モヤ、そして重信慎之介や若林晃弘などといった若手も順調にアピールを続けていることから、この外野の一席は、開幕からのパーラの活躍次第で、他の選手に奪われることになると思います。

パーラがシーズン終了までにスタメンの座に名を連ねているのか、注目ですね。

 

空席となっている一塁手。その座を奪うのは誰か

引用:週刊ベースボールONLINE

巨人で意外にも空席となっているのが一塁手のポジション。2019年は阿部慎之助や大城卓三が守っていましたが、阿部慎之助が2019年限りで引退。

2019年までの活躍をみていると、大城卓三が有力視されている状況です。大城卓三は今年から高橋由伸が背負っていた背番号「24」に変更となり、首脳陣からの期待も大きくなっていることが分かります。

しかしこの座を争っているのが、中島宏之。キャンプ・オープン戦では猛アピールをし、オープン戦成績は、打率.351、4本塁打とその打棒が爆発していました。

引用:BB NEWS

現在37歳となり、通算2,000本安打まで200本余に迫っているものの、これまでの成績であると記録達成には厳しい状況。打棒復活し、通算2,000本安打の達成も射程圏内に収めたいところ。

他にも、パーラの積極起用により、ポジションを奪われた陽岱鋼、ベテランの亀井善行も外野だけではなく一塁手の練習も行なっていることから、やや宙に浮いている一塁手のポジションの争いも激化しそうです。

開幕スタメンでは、大城卓三を予想していますが、開幕前の調子によっては、中島宏之の起用も十分にありえる状況です。

 

競争激しい捕手争い。開幕投手との相性を優先か

引用:週刊ベースボールONLINE

玉突きのように、1ポジション争いの結果によっては、スタメンに変動がありそうな状況の中、その余波はキャッチャーのポジションにも波及しそうです。

一塁手のポジションにはキャッチャー登録の大城卓三を予想。この大城卓三が一塁手のポジション争いに敗れた場合、大城卓三はキャッチャーのポジション争いに参加することになります。

キャッチャーのポジションには、この大城卓三の他にここ数年の正捕手であった小林誠司、そして西武から移籍2年目となる炭谷銀仁朗などがいる状況です。

開幕投手との相性もこのスタメン争いに大きく影響しそうではあるため、そう考えると菅野智之との相性で小林誠司が開幕マスクを務める可能性が高そうです。

ただ、全体的に打線に迫力を増したいと判断した場合は、やや打撃に難がある小林誠司ではなく、キャッチャーに大城卓三を起用するプランも十分にありそうです。

チーム全体のバランスをみながら、いかようにも打線の組み換え、ポジションの入れ替えができるのはまさに常勝軍団の象徴であり、強みと言えます。

 

巨人の絶対的エース・菅野智之が開幕投手に

引用:SPAIA

球界のエースであり、チームのエースである菅野智之は、2020年の開幕投手に決定をしています。

なんとこの菅野智之の開幕投手決定は、2019年シーズンオフの契約更改の場では決定をしていたようです。

2019年シーズンは腰痛と闘いながらのシーズンとなり、決して本調子ではなかっったものの、11勝をマーク。この腰痛も癒え、2020年シーズンには万全の体調で臨めるようです。

この腰痛の影響もあってか、2020年から投球フォームをマイナーチェンジ。これも成功をしているようで、4月20日にブルペンで投球を行った時には、ブルペン捕手から「今日が試合なら完全試合をしていた」と言わしめたほど、圧巻の投球を見せていたそうです。

シーズン終了後にはメジャーへの挑戦を表明するかも注目される菅野智之。2020年の成績にも注目したいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました