スポンサーリンク

中日ドラゴンズ2020!根尾昂の開幕スタメンはあるか?巻き返しを図るチーム改革に注目!

中日ドラゴンズ
スポンサーリンク

本日は中日ドラゴンズの2020年開幕スタメン予想です。

中日ドラゴンズも大幅な戦力補強はありませんでした。2020年も2019年と同様のメンバーで戦うと予想されます。

与田剛監督就任2年目となる2020年シーズンは、2019年と同様のメンバーに加え、若手の台頭も期待されるシーズンとなります。

中日ドラゴンズというと落合博満監督の時代から「手堅く」というイメージが強いチームです。

大荒れもせず、確実に勝ちを積んでいく。

2019年は主力の怪我が予想外ではありましたが、怪我を負った選手も2020年には万全の状態で臨めそうです。

果たして、中日ドラゴンズはどのような布陣で2020年の開幕を迎えるのでしょうか。

予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ2020!根尾昂の開幕スタメンはあるか?巻き返しを図るチーム改革に注目!

中日ドラゴンズの2020年開幕スタメン予想!

引用:中日ドラゴンズ

早速ですが、2020年の中日ドラゴンズの開幕スタメン予想をしていきたいと思います。

1 中 大島 洋平
2 遊 京田 陽太
3 左 ソイロ・アルモンテ
4 一 ダヤン・ビシエド
5 三 高橋 周平
6 右 平田 良介
7 二 阿部 寿樹
8 捕 加藤 匠馬
9 投 大野 雄大

2019年シーズンで理想とされたようなオーダーで臨む2020年の開幕となるのではないか、と予想します。

1番はもはや不動とも言える大島洋平から始まり、打力にも磨きがかかってきた京田陽太が2番に座ります。

3番はアルモンテとしていますが、左投手右投手の相性や、オープン戦の結果次第では、レフトに福田永将が入り、高橋周平と打順が入れ替わる可能性もあるのではないかと予想します。

注目すべきは高橋周平ではないでしょうか。

2019年シーズンは怪我で戦線を離脱する時期もありましたが、シーズンを通して活躍できれば、首位打者の獲得もあり得るのではないでしょうか。

この後ろに座る平田良介にも注目です。

ここ数年はやや不本意な成績に終わっているものの、本来の調子を取り戻せると、かなり怖い存在になると思います。

この平田が怖い存在になってくると、打線の厚みがかなり増す印象です。

 

根尾昂の開幕スタメンの可能性は低い

引用:BIGLOBEニュース

2019年に鳴り物入りで入団した根尾昂。ショートのポジションで入団し、京田陽太にとっては脅威な存在となるかと思われましたが、怪我を負ったり、プロの壁をなかなか越えられないことも多々あり、高卒1年目としては、まずプロに順応するための経験を積む1年であったと言えます。

そんな根尾昂ですが、2020年シーズンは、高校時代にも経験していた外野のポジションにも挑戦しています。

中日ファン内外からも「ショートのポジションで勝負して欲しい」という声も多くあったようですが、ショートにはもはや不動のレギュラーとも言える京田陽太がどっかりと座っています。

このポジションを奪取するのは、なかなか難しいとも思われ、まだまだ京田陽太も若い選手であることから、根尾昂の出場機会はなかなか訪れないと予想されます。

そんな中、センターのポジションを守る大島洋平にやや年齢の衰えを感じるようになったことに加え、やや外野陣の層の薄さが懸念されています。

そこで、根尾昂は出場機会を求めるために、外野に挑戦したのだと思われます。

早く1軍での出場機会が欲しい根尾昂。球団としても「将来有望」とされている選手を早めに出場させたい。

そんな思惑が合致したのかもしれません。

もちろん根尾昂自身もショートのポジションを諦めたわけではなく、内野外野のポジションの両方を練習しているようですが、外野が平均的に守れれば、あとは打力次第で早めの1軍出場が見られるかもしれません。

果たして根尾昂は2020年、どんなポジションで出場することになるのか、注目したいですね。

フルシーズンでの活躍が期待される高橋周平

引用:中日ドラゴンズ

中日の顔として、大いに活躍が期待されるのが、5番を打つと予想される高橋周平。

この高橋周平も根尾昂と同様に、入団時は「注目のルーキー」として入団しました。

その後は、1軍で出場機会が与えられるものの、なかなか結果が出せず、苦しいシーズンを過ごしていましたが、2018年頃から徐々に出場機会を増やし、持ち前の打撃センスが光るようになってきました。

そして、2019年にチームのキャプテンに就任すると、前半戦では爆発的な活躍を見せ、オールスターにも出場しました。惜しくも怪我を負い、打率は3割に届かなかったものの、打率.293、7本塁打、59打点をマークし、三塁手でゴールデングラブ賞とベストナインを獲得しました。

この高橋周平が2019年の前半戦のような活躍を通年で残すようになると、かなり怖い存在になってきます。

2020年は、ずばり打率3割、20本塁打、80打点ほどの成績を期待したいですね。

かつては「ミスタードラゴンズ」と称された立浪和義氏が背負っていた背番号3。立浪和義氏も守っていたサードのポジションを確固たるものとして「ミスタードラゴンズ」を襲名できるほどの活躍を期待します。

【祝月間MVP】高橋周平 2019年4月と5月【竜の未来を担う】

復活なるか、平田良介がチーム浮上の鍵を握る

引用:東京中日スポーツ

この高橋周平の後ろを打つ選手も非常に重要です。

要は「高橋周平と勝負するか否か」。

高橋周平の後ろを打つバッターの安定感がないようであれば、相手投手は高橋周平とは無理な勝負をせず、際どいコースを攻めていくようになると想定されますが、高橋周平の後ろを打つバッターにも警戒しなければならないようであれば、高橋周平とも勝負せざるを得なくなり、チャンスが生まれると予想します。

そこで、高橋周平の後ろを打つ6番バッターとして予想するのが、平田良介。

2019年シーズンは怪我で戦線を離れるシーズンが多かった平田良介ですが、2018年シーズンは打率.329を記録し、安定した活躍を見せました。

本塁打こそ2桁に届くか届かないか、といった成績が続いていますが、平田良介が持つ長打力と2018年に記録した得点圏打率.344というチャンスに強い打撃が復活すれば、6番バッターとして非常に期待が出来るのではないでしょうか。

一方で平田良介が安定して打率が残せるようであれば、上位打線での起用も想定されます。

現在は3番にアルモンテを予想していますが、アルモンテの確実性がやや劣るようであれば、平田良介との打順入れ替えも十分にあり得るかな、と予想します。

正捕手は加藤匠馬一択か。大野奨太はある?

引用:中日ドラゴンズ要素@のもとけ

中日ドラゴンズで唯一にして最大の悩みとも言えるのが、扇の要の不在。

谷繁元信氏が引退して以降、なかなか正捕手と言える選手が現れず、捕手起用に苦労している印象があります。

2019年シーズンは、守備面での評価が高かった加藤匠馬が起用され、打率こそ.228と低迷しましたが、守備面では評価どおりの活躍を残し、加藤匠馬の2020年の開幕スタメンが確実視されています。

2018年に北海道日本ハムファイターズから移籍してきた大野奨太については、右肘の怪我の影響もあり、なかなか正捕手の座を獲得できずにいます。

加藤匠馬は打撃に課題があるため、この打撃面で大野奨太が加藤匠馬を上回ることがあれば、大野奨太の起用も考えられるのですが、現時点では大野奨太が加藤匠馬を上回るような部分がないような状況と言えます。

持ち前の強肩と、経験豊富なインサイドワークが評価されれば、大野奨太の起用の可能性もありますが、今のところは厳しいと思われます。

開幕投手は大野雄大が優勢

引用:東京中日スポーツ

中日ドラゴンズの開幕投手は大野雄大がほぼ確実と思われます。

大野雄大は2019年にノーヒットノーランを達成し、結果、最多投球回数と最優秀防御率のタイトルを獲得しました。

竜のエースとも言える大野雄大の他に、開幕投手を争える投手もいないと思われるため、開幕投手は大野雄大で確実であると予想します。

仮に大野雄大にアクシデントがあった時は、次点で柳裕也が候補して挙げられると思います。

元山飛優(ヤクルト)は在日韓国人?ドラフト時の評価や守備,東北福祉大時代の成績について
五十幡亮汰(日ハム)はサニブラウンに陸上で勝利した俊足!100mのタイムやドラフト時の評価について
杉本裕太郎(オリックス)がラオウと呼ばれる由来は?成績や年俸,イチローとの関係は?
中野拓夢(阪神)の守備を井端が絶賛!ここまでの成績や打撃センス,バッティングについても紹介
高松渡(中日)は荒木2世になれるか!これまでの成績や50mのタイム,走塁技術について

コメント

タイトルとURLをコピーしました